めちゃイケヨモギダ君結婚していたそうです!!
ところでめちゃイケヨモギダ君って知ってます?
これがなかなか面白シリーズで「ヨモギダ少年愚連隊」というシリーズで
何と1996年3月から続いてるんです!
そんな「ヨモギダ少年愚連隊」がついに最終回を迎えるそうです・・・

フジテレビ系「めちゃ×2イケてるッ!」の人気シリーズ「ヨモギダ少年愚連隊」が
3月9日放送分で9年ぶりに復活し、ファイナルを迎えた。

スタートは1996年3月。雛形あきこ(当時18歳)の大ファンだったヨモギダ君(当時15歳、中学生)。
「ナインティナイン」岡村隆史(当時25歳)の雛形への度重なる“セクハラギャグ”対し、
挑戦状が届いたことから始まった。

同年6月の第2弾は岡村との柔道対決、99年3~4月の第3弾は大学受験、2004年3~4月の第4弾は
バンド結成とヨモギダ君を追い掛けてきた。
1人の少年と岡村との友情を描いた長年に及ぶシリーズは「お笑い界の『北の国から』」とも呼ばれた。

開始から17年、最新第5弾となった今作。
ナイナイは32歳になったヨモギダ君に隠しカメラで密着した。

ヨモギダ君は2010年に元スタイリストの年上女性と結婚。出会いはSNSサイトだった。
ギターに取り組む大きな息子(夫人の連れ子)もいた。バンドの夢は破れ、夫人の勧めで鍼灸(しんきゅう)師を目指している。

夫人によると、ヨモギダ君は岡村に直接、結婚を伝えたかったが、当時、岡村は体調不良で長期入院中。
岡村の「めちゃイケ」復活放送を夫婦で目にし「彼が泣いたのを初めて見ました」。
このエピソードを聞いた岡村も「ずっと応援してくれて、うれしかった」と感動の面持ちだった。

そして、思い出の地元・茨城の市民球場で“決着”。岡村は「これからはいろんなもんを背負っていかなアカン」とエール。
「めちゃイケ」のメンバーが現れると、ヨモギダ君は10年、一般人から唯一、新メンバー入りした三ちゃん(三中元克、22)を
「僕の方が『めちゃイケ』を愛しているんじゃないかな」と“挑発”。
2人の柔道対決の運びとなった。

結果はヨモギダ君の一本勝ち。矢部浩之(41)が「めちゃイケ」メンバーによるヨモギダ君の結婚パーティーを提案したところ、
柔道着をまとい、気合十分の雛形が登場。「結婚相手が私より年上って!」とお怒りモードで、
ヨモギダ君を裸絞め…のオチとなった。

後日、お祝いパーティーが開かれ、岡村が田中邦衛(80)のマネでカセットテープでメッセージ。
「人生は台本通りにはいかない。どんなに必死に頑張っても、夢がかなわない時もある。長い人生、これからいろんなことがある。
でも、おまえがどんな道を選んでも、オレはそれを応援する。いつかおまえが鍼灸師になって、
どこかで治療院を開いたら、最初の客はオレだ」

当初、結婚を素直に喜べなかったというヨモギダ君の父も「この2年くらいはモヤモヤした心があったけど、
ああ、そうだ、オレのオヤジは何も言わなかったって。
お母さんに『修士(ヨモギダ君)の人生でしょ』って言われて、気が付いて。
オレも間違ってたなって。まあ、頑張れ。おめでとう」と祝福。
ヨモギダ君が「本当にいい人生だなと思います。ありがとうございます」と頭を下げ、笑いと涙で
「お笑い界の『北の国から』」は幕を閉じた。

(以上、スポニチより引用)

「ヨモギダ少年愚連隊」は面白かったですね!
私も1996年3月のはじめっからずっと見てました。
ヨモギタ君は、とても素人とは思えないしかも中学生とは思えない
堂々とした態度でかなり面白かったですね!
そして、いつも最後はちょっと感動させてくれるし・・・
今回の「ヨモギダ少年愚連隊」シリーズ最終話も思わず泣いてしまうぐらい
感動的でしたね!
ヨモギダ君と岡村さんに本当の友情があるように思ってしまいますね!
ホントのところどうなんでしょうね?