実業家の夫との離婚問題に揺れる上原さくらさんが、自殺未遂を図っていたらしいです!
自殺未遂原因は、離婚問題なんでしょうか?

プラセンタ33000mg+ローヤルゼリー2000mg配...

プラセンタ33000mg+ローヤルゼリー2000mg配…
価格:29,000円(税込、送料込)

実業家の夫との離婚問題に揺れるタレントの上原さくら(35歳)が、昨年11月、
自殺未遂を図っていたと、現在発売中の「週刊文春」が伝えている。

同誌に掲載された「上原さくら『飛び降り自殺未遂』の衝撃」は、上原が昨年11月に
睡眠薬を大量摂取して東京・江東区内の病院に入院し、さらに病院付近のマンションから
飛び降り自殺を図ろうとしていた――という内容。
また、同誌は上原が知人などに送ったという、破綻した夫婦関係への恨み節などをつづった
“遺書メール”を入手し、夫から受けた罵倒の詳細も掲載、上原に直撃した際に
“遺書メール”が事実であることを確認している。

ちなみに、同誌は建設現場の仮設足場を販売・リースする企業「KRH&COMPANY・LIMITED」の
社長で、夫の青山光司氏にも直撃しており、

「(上原は)すごい嘘つきなので、本当に病気で入院しているのか、女優ぶりを活かして演技していうのかはわからない」
「(言葉の暴力は)一切ない」
「このような形で夫婦生活が終わるのはとても残念」(週刊文春より)

などと語り、夫婦関係の破綻は認めながらも、“遺書メール”にあるような罵倒については
否定するなど、双方の言い分には齟齬があるようだ。

上原は2003年8月にアパレル会社社長の遠藤憲昭氏と結婚。
バラエティ番組などでは夫婦生活にまつわるエピソードを披露することもしばしばだったが、
友人の延長のような2人の関係に「このまま一緒にいて良いのか」と思うようになり離婚を決断、
2009年11月30日に離婚届を提出した。

その後、2010年2月に青山氏との交際が明るみとなり、2011年4月1日に入籍。
グアム挙式後に更新したブログでは「入籍した時は、気持ちの中で何か大きく変わった感じは
しなかったのに、結婚式を挙げた時、ここまで生きてきた34年間の道のりで、育ててくれた両親、
支えてくれた友達、お世話になった皆さん、いつも応援してくれる『ガールズ』への感謝の気持ちが溢れ、
今までにない幸せを感じました」と喜びをつづっていたが、1年半後の昨秋には離婚危機・別居報道が出ていた。
なお、ブログは昨年10月15日を最後に更新されていない。

(以上、livedoorニュースより引用)

上原さくらさんと実業家の夫との離婚は秒読み状態?のように感じます。
友人に送った”遺書メールの内容”(夫の罵倒)は本当なのでしょうか?
真実は、本人達にしかわかりませんが、最初の夫、遠藤氏との離婚のことを
考えると、実際どうなんでしょう??と思ってしまいますね。