AKB48峯岸みなみさんの丸刈り騒動ピース写真から4日経ちましたが、いくらなんでも
やりすぎだ!と芸能会も引き気味のようです・・・
ただ、今回の峯岸みなみさんの丸刈り騒動には、不自然な点が多すぎるようで、
やらせ!?なのでは?という声も・・・・

【送料無料】Sout...

【送料無料】Sout…
価格:2,940円(税込、送料込)

いくらなんでもやりすぎだ……そんな批判が各所から聞こえる。
AKB48の峯岸みなみが31日、“お泊まり愛”の謝罪として丸刈りの映像を出したことに、
さすがの芸能界も引き気味だ。

日頃、AKBに好意的な記事を書いているスポーツ紙の芸能記者も「記事では書けないけど、
さすがに今回の展開はありえない。普段あれだけうるさく作り込んだ演出をしておいて、
今回は自主的に刈りました、運営は知りませんって……ファンもさすがにそんなことでは
納得しないでしょう」と眉をひそめ、この件を取り上げた民放の情報番組ディレクターも
「出演者から“これは批判するべきだ”と言われた」と困惑していた。

峯岸はEXILEの弟分グループ「GENERATIONS」の白濱亜嵐の自宅に宿泊したことを週刊誌に報じられ、
その発売日である31日に、動画サイトYouTubeで涙ながらに丸刈り姿をさらした。
おかげで翌日のスポーツ紙はこれを1面トップで報じたが、実はこの3日前、一部記者の間では
「木曜に峯岸の記事が出て、謝罪会見をするらしい」という話がされていたという。

「結局、会見はなく動画サイトだったけど、先にどんなものになるか運営側に聞いた記者がたくさんいて、
記者同士で情報交換があった。
丸刈りになることは誰も聞いてなかったけど、かなり話題になるということだったから、1面は内定していた」(同)

運営側から「話題になる」という予告があったのだとすれば、これはAKBメンバーがスキャンダルを
起こすたびに話題になる“炎上マーケティング”ともとられかねない。
現に、騒動の翌日にはAKB48を扱ったドキュメンタリー映画
『DOCUMENTARY OF AKB48 NO FLOWER WITHOUT RAIN 少女たちは涙の後に何を見る?』の公開が控えており、
あまりにもできすぎたタイミングといえる。

「運営側は峯岸を研究生降格の処分としましたが、本当に処分したければ謹慎させて、交際の中身も説明させますよ。
現時点で仕事のキャンセルが決まってもいないし、運営側からのリークがあったゴシップの可能性も否定できないですね」(同)

峯岸の謝罪直後、板野友美や前田敦子、高橋みなみ、篠田麻里子と笑顔でWピースして一緒に撮った
写真がメンバーにより表にされたが、このあたりの動きが異様に早かったのも用意周到と感じるもので、
卒業した前田を含めた面々がきれいに化粧までして一堂に会していたこと自体、不自然な話だ。

AKBグループ劇場総支配人の戸賀崎智信氏は1日、ブログで「メイク室から出てきたときに丸刈りだった」と説明。
断髪当時、峯岸が仕事現場にいたことも判明した。ここでは「スタッフは止めたようですが」という記述はあるものの、
責任者不在のメイク室内で、スタッフが断髪の瞬間を静観していたという、非常に不自然な状況が浮かび上がる。

「ここがもっともおかしい点です。タレントが自分で丸刈りにするのを、ヒラのスタッフやメイク担当が黙って
見ているわけがない。
すぐに責任者を呼ぶし、羽交い絞めにしてでも止めますよ。そうでもしなければ後々、『どうして止めなかったんだ』と、
業界から詰められることになる。
峯岸が丸刈り状態で現場入りしてきたならまだしも、スタッフの目の前で刈ったというなら、明らかに責任者が許可を
出しているはずです。
あるいは戸賀崎さんを飛ばして、もっと上の人間がゴーサインを出したのかも」(芸能ライター)

やはり、髪のカットを峯岸独断でやったとはとても思えない状況だ。
(以上、日刊サイゾーより引用)

たしかに、峯岸みなみさんがAKBグループ劇場で自ら丸刈りにしたのであれば、
周りには誰かしらいたはずでよね~。
その様子をだまって見ているっていうのは明らかに不自然ですよね・・・
これまでのAKB48による騒動は”炎上マーケティング”だったのでしょうか??
芸能会って怖いですね・・・