相葉雅紀実家母親が営む「チャイナハウス 桂花楼」については、
何かと問題になっているようです。

今回、相葉雅紀実家母親に渇!をいれたそうです。
しかし、相葉ちゃん本人は、家族と良好の関係だっただけに
苦渋の決断だったようです。
いったい、実家母親との間に何があったのでしょう?

年明け早々、ジャニーズとは犬猿の仲である「週刊女性」(主婦と生活社)で報じられた、
嵐・相葉雅紀の実家が営む「チャイナハウス 桂花楼」問題。
本サイトではその後、店内に飾られたサインが撤去されたことをお伝えしたが、相葉家に
とっては少々気の毒な結末となってしまったようだ。

同店をめぐっては、ストラップなどの店舗オリジナルグッズについて、「ジャニーズ非公認で
相葉の便乗商売をしているのでは」と伝えられてきた。
そこで相葉の実母が「週刊女性」の取材に応じ、「(ジャニーズ事務所からは)一回も苦情を
言われたことはないですよ」とコメントした。

「こうした場合、ジャニーズサイドが直接店舗にクレームをつけるということは珍しいです。
大抵は代理店やテレビ局など、お抱えの関係者を間に挟んで、店舗側に物言いをします。
しかし今回の場合、相手が相手だけに、この手段は通用しづらい。
そこで“介錯人”に選ばれたのが、ほかならぬ相葉本人だったそうです」(週刊誌記者)

テレビでも桂花楼について言及し、実家との関係も良好のように見えた相葉。
しかしジャニーズは、「これ以上は見過ごせない」として、ついに相葉に「サインやプレゼントを
全部撤去してほしい」と告げさせたという。

「店内にはメンバーのサインだけでなく、ファンから送られてきた相葉の誕生日プレゼントなどが
大量に飾られていました。
これらがすべて撤去されてしまったようで、相葉ちゃんのお母さんも相当落ち込んでいましたよ」(嵐ファンの女性)

嵐のサインならまだしも、プレゼントはファンが個人でやっていることだからいいのでは……
という声もあるようだが、これもあまり歓迎される話ではなかった。

「小さな造花程度のプレゼントであれば問題なかったのかもしれませんが、店に飾られることによって、
次第に『私はもっと豪華なものをプレゼントする!』というファンが続出。
近年ではブランド物のバッグや高級アクセサリーなど、数万円を超えるようなプレゼントを、
ファンが競うように店に渡していました。
そもそもジャニーズはタレントへのプレゼントを基本的に禁止しているので、店へのプレゼント
攻撃を断ち切れたのは、いいことだと思います」(前出の記者)

今回の一件は、ジャニーズとしても苦渋の決断だったことだろうが、ファンも相葉に迷惑を
かけることのないよう、今後ルールやマナーを守って店を訪れるべきだろう。

(以上、livedoorNEWSより引用)

嵐の相葉雅紀が実家の母親のお店にサインやプレゼントを
置くのは反則ですよね~。
たださえ、相葉ちゃんの実家ということで、お客さんを呼べるのに、
さらにグッズ販売とかしちゃだめですよね!

ファンからの贈り物の件も、今回の相葉ちゃんの苦渋の提言を受けて、
実家の母親が心を入れ替えてくれると良いのですが・・・