40枚目のシングル「Calling/Breathless」が初週75.6万枚を売り上げ
自己最高を記録!!
ここ数年のの活躍は凄まじいですよね!
の売り出し方は、SMAPのような売り出し方を目指している?

ジャニーズ事務所の人気男性アイドルグループ・嵐の相葉雅紀が、4月21日スタートの
テレビ朝日系バラエティー「相葉マナブ」で初の単独レギュラーMCを務めることを
各スポーツ紙が報じている。

同番組は「ニッポンの文化」を知り、学ぶことがコンセプトで、相葉は「影の所長」からの
指令に相葉が応え、食文化や経済など意外と知らない「日本」を解き明かしていくという。

嵐といえば、6日に発売された40枚目のシングル「Calling/Breathless」が初週75.6万枚を売り上げ、
18日付のオリコンの週間シングルランキングで首位に初登場した。
同曲の初週売上は1999年11月のデビュー以来、過去最高を記録するなどいまだに衰え知らずの人気ぶりだが、
各メンバーはソロ活動にも力を入れている。

「相葉は現在主演ドラマ『ラストホープ』(フジテレビ)が放送中で俳優業にも意欲的に取り組みつつ、
ちょっとおバカな親しみ安いキャラを生かして、バラエティーの司会として売り出している。
慶応大経済学部卒の櫻井翔は高学歴で知的なイメージを生かして『NEWS ZERO』の曜日キャスターをつとめ、
スキャンダルがないのでCMのオファーも続々と舞い込んでいるほか、俳優業も力を入れ、残る二宮和也、
大野智、松本潤はソロでは俳優業がメイン」(テレビ関係者)

メンバー5人では日テレ、TBS、フジテレビの3局で冠バラエティー番組を持っているが、売り出し方は
メンバーの数も5人と同数の事務所の先輩グループ・SMAPの路線を確実に踏襲している。

「CDデビューした91年当時、ジャニーズのタレントはあまりバラエティーに出なかったが、辣腕の
女性マネージャーが積極的にバラエティーの仕事を入れてトークやアドリブ対応の能力を磨き、
お茶の間に顔を売りながらブレークし国民的人気グループとなった。
メンバー5人はそれぞれ俳優業や司会業をこなせる実力があるだけに、人気は盤石。
嵐もSMAPのような息の長いグループを狙っている」(同)

事務所内部の権力争いにおける“派閥”はSMAPとは別派閥とされている嵐だが、目指す方向は同じのようだ。

(以上、exciteニュースより引用)

嵐の人気はどんどん増すばかりで、衰え知らずですね!
バラエティー番組のレギュラー、CDやDVDの売り上げ、アラフェスやpopcornツアーなども
チケットがなかなか手に入れられず、ヤフオクで高額で売られていたりしますよね!

かつてSMAPが歩んできたような、バラエティーの仕事に力を入れ、トークやアドリブもできる
ようなアイドルを目指しているようですね!

すでにSMAPを超えたのでは?という声もあります。
今後の活躍を期待しています!