本仮屋リイナアナウンサーが入社初日にいきなり番組デビューしてしまいました。
本仮屋リイナアナウンサーというのは、女優、本仮屋ユイカ(25)の実妹なんです。
姉に負けず劣らずの美貌の持ち主で、画像もネットに溢れてますね!

【送料無料】本仮屋ユイカ 写真...

【送料無料】本仮屋ユイカ 写真…
価格:2,940円(税込、送料込)

女優、本仮屋ユイカ(25)の実妹で、フジテレビ系東海テレビ(名古屋市)に
今月入社した本仮屋リイナ・アナウンサー(22)が10日、サンケイスポーツの
取材に悪戦苦闘の日々と、夢を語った。姉に負けず劣らぬ美貌を武器に、
入社した1日にいきなり番組デビュー。
新人らしく失敗の連続だそうだが、大器の予感だ。

地方局の女子アナから全国区の人気になるのも夢でない。
「将来は女優の仕事もしたい」と笑顔が弾けた。

22歳の誕生日を迎えた今月1日、リイナは新番組のレギュラーに抜てきされた。
平日朝の生情報番組「スイッチ!」で、アシスタントを務める。
つぶらな瞳は、TBS系「王様のブランチ」で司会を務める姉のユイカにそっくりだ。

「最初は桜の開花中継を担当し、(名古屋の)地元の方々と触れあえて、すごく楽しかった。
今は地元密着情報を伝えています。
でも、テキパキしゃべっていると思ったら、みんなより遅かったり、原稿を棒読みして、
共演の(お笑いタレント)チャンカワイさんから『棒読ミ~ナ』といわれたり…。自分でも下手っぴだと思います」

大きな瞳を少しだけ曇らせた。無理もない。
発声練習などアナウンサー研修は始まったばかり。
それでも、東海テレビの上層部は「何色にも染まっていないのがいい」と期待を寄せ、いきなり、入社日に番組に登場した。
常にメモ帳を持ち歩き、反省点と目標を書き留めるのが日課だ。

アナウンサーは小学校1年のころからの夢だった。
当時、大好きな祖母から、朝のテレビに出演する女子アナに「元気をもらえる」と聞き、「いつの日か私も」と決意。
青山学院大学時代、イベント司会や東日本大震災を契機に「人のために役立つ仕事」と、その思いは強くなった。

就職活動では東京キー局など全部で11局受けたが、「取材も企画もできる地方局の方が魅力」と東海テレビに入社した。
夢は一つではない。
大学時代、姉の個人マネジャーを務めた延長で先月、都内で初の舞台、しかも主演を経験。
「演技もすごく楽しかった。今はアナウンサーとして一人前になるのが目標ですが、いつかは女優の仕事も同時に」と笑顔が弾けた。

すでに男性ファンから直筆の手紙が何通も舞い込み、注目度は全国区に広がる勢い。
フジの夏恒例「27時間テレビ」など、全国ネットの番組に出る日も、遠い将来ではなさそうだ。

(以上、Yahoo!ニュースより引用)

本仮屋リイナアナウンサー、入社初日に番組でビューとはすごいですね!
姉の本仮屋ユイカさんに負けず劣らずの美貌の持ち主ということですが、
私は、お姉ちゃんの本仮屋ユイカさんの方が好きかな?

ですが、本仮屋リイナさんにはファンもついていて、直筆の手紙ももらったりと
好みは人それぞれですね!

テレビデビューすることで、より洗練されてお姉ちゃんより、かわいくなる
可能性もありますしね!

imageBLOG6105_ed