6/5(水) のピカルの定理に元NBA選手の「田臥勇太」がテレビ出演しました!
田臥勇太が登場したのは、澤部佑との3ポイント対決です。

このコーナーには、特別ゲストとして、篠田麻里子(AKB48)も登場♪
もし、田臥勇太に澤部が勝ったら、ゲストの篠田麻里子(AKB48)からプレゼントを
獲得できるという特別ルールで気合い十分です!!

果たしてどちらが勝利したのか!?

⇒ランキング参加中

【送料無料】Never to...

【送料無料】Never to…
価格:1,800円(税込、送料込)

ピカルの定理に登場した「田臥勇太」さんは、日本人初のNBAプレイヤーで知っている方も
多いと思いますが、知らない人のためにご紹介しますね!

田臥 勇太(たぶせ ゆうた、1980年10月5日 – )は、日本の男子プロバスケットボール選手です。
ポジョンはポイントガード。
現在は、日本バスケットボールリーグのリンク栃木ブレックス所属しています。

何と日本人初のNBAプレーヤーで、高校時代には世界ジュニア選抜に選ばれたこともあります。

田臥さんは、身長173cm、体重75kg、靴のサイズ29cmと、バスケット選手としては小柄ですが、
持ち前の身体能力の高さとテクニックでNBAで活躍していたんです!

生い立ちはどれもスゴイことばかりで、全部は紹介できないのですが、一番印象的な
高校時代のことをご紹介しますね!

田臥選手は、1996年4月にバスケットボールの名門校・秋田県立能代工業高等学校に入学しました。
入学後に即スタメンとなり、何と3年連続で高校総体、国体、全国高校選抜の3大タイトルを制してしまい、
史上初の「9冠」を達成してしまったんです!

そして、公式戦で敗れたのは、1年生の時の東北大会で仙台高校に敗れたたった1回だけなんです。

※ ただし、この試合で田臥は勝負の瀬戸際に5ファールで退場しています。

もし、田臥選手がフル出場していたら、この試合も勝っていたんでしょうね♪

また、田臥勇太の年棒についても結構気になっている人がいるんですね~

これは、はっきりした数字ではありませんが、NBA時代の年棒は推定4000万円と言われています。
NBAの平均年棒は6億円!?と言われていますので、田臥勇太の年棒は低い方なんですかね?

ところで、気になるピカルの澤部VS田臥の結果は、田臥勇太の圧勝です!
何と3ポイントを10回連続で決めてしまいました!

いや~かっこいいですね~