芦田愛菜ちゃん、ホント最近テレビで見ないのですよね~消えてしまったの?
最近、鈴木福くんの方がテレビの露出が増えているので、芦田愛菜ちゃんは
福くんに抜かされたの?とか思ってしまいますよね!

いえいえ、芦田愛菜ちゃんはそう簡単には消えません。

ただの子役ではありません。
1本のCMのギャラは2,500万にもなるという、天才子役!

テレビで見ないのには、ちゃ~んと理由があったんですね!

かつてイヤでも見ない日はなかった子役の芦田愛菜が、テレビから消えた。

昨年までは、ドラマ・映画・バラエティと、とにかく露出の多かった彼女。
2012年9月まで放送されていた主演ドラマ『ビューティフルレイン』(フジテレビ系)以降、
活動を自粛しているのは明らかだが、どんな意図があるのだろうか?

「売れだしてから、バックに“芸能界のドン”ことバーニングプロダクションの周防郁雄社長がついたことで、
子役と言えどもCMのギャラは多い時で1本2,500万円まで跳ね上がったといわれています。
ここまで知名度を上げた彼女にとって、連ドラにスケジュールを奪われるよりも、高額で単発の仕事を選んで
いったほうが効率がよく、賢い選択なんです。
この転換の仕方は、高い地位を築いた人気俳優なんかが戦略として行いますが、それを若干6歳でやるとは
恐れ入りますよ」(芸能関係者)

確かに、今年に入ってからの仕事は、海外映画のPRのための記者会見や、話題作りのための映画吹き替えといった、
芦田が出演していない作品の宣伝ばかり。
ここ最近も、米映画『ハッシュパピー ~バスタブ島の少女~』や、
米アニメ映画『怪盗グルーのミニオン危機一発』などのPR会見に登壇していた。

また、昨年まで多く出演していたバラエティ番組でも、めっきり姿を見なくなってしまった。
ここにも戦略があると見られている。

「今年3月に『笑っていいとも!』のテレフォンショッキングに出演しましたが、自身の1stコンサートの
DVDの宣伝絡みでした。
昨年、バラエティ番組に出すぎたせいで、CMのギャラの相場が1,000万円も下がったといわれてますから、
ここでもったいつけて女優としての価値を上げたいのでしょう」(同)

今夏には、ギレルモ・デル・トロ監督の米映画『パシフィック・リム』の公開を控えている芦田。
もしこれが評価されれば、世界的な女優としてさらにステップアップが図れるかもしれない。
ともあれ、最近、彼女の十八番である“泣きの演技”が気軽にテレビで見られないのは、少し残念だ。

(以上、livedoorNEWSより引用)

おそるべし芦田愛菜ちゃん!
テレビの露出を減らしたのは、戦略だったんですね~。
もはや超一流女優ですね!

今夏には、ギレルモ・デル・トロ監督の米映画『パシフィック・リム』の
公開も控えています。

世界の芦田愛菜ちゃんになる日も近いかもしれません!