華原朋美急死説ってありましたよね?
華原朋美の急死説の原因は、物依存で表に出ることが出来なかったことが
原因らしい?
そんな、華原朋美物に頼って入退院を繰り返していた壮絶の日々を
赤裸々に語ったそうですよ!

昨年芸能活動を再開した歌手・華原朋美が、2月27日発売のモード誌「Numero TOKYO」4月号の
BEAUTYページで“すっぴん”を含めたグラビアを披露し、活動休止中の当時の状況をロングインタビューで
赤裸々に語っている。
恋愛の悩みから精神安定剤などの薬物に頼るようになり入退院を繰り返したという華原は、
錯乱状態だった時期には隣の部屋から悲鳴が聞こえるような閉鎖病棟に入院していたことなど、
驚きの事実も明かしている。

復帰後初めてのテレビ出演となった昨年12月の「FNS歌謡祭」で全盛期をも上回る歌声とオーラで視聴者を魅了した華原。
1990年代後半にミリオンセラーを連発した歌姫・華原だが、2007年に所属事務所から解雇され、芸能活動を休止した。
彼女にいったい何があったのか?
当時を「ずっと揺れた状態が死ぬまで続くのかなって。そんな感じでしたね」と表現した華原。
恋愛問題をきっかけに精神のバランスを失い、薬物の影響下で不安定な日々を過ごしていた。

「自分で自分の置かれている現実も見えなくて、薬ばっかり飲んで」「過去の私はボロボロだった」
「薬を抜くために病院にしか置いておけない状況。思い出すと今でもゾッとしますね」と本人は率直に語っているが、
20歳から疎遠だった父親の愛情と優しさに触れ、薬物依存からの回復を誓ったという。

同誌ではフィリピンに永住している父親と約1年過ごしたこと、帰国後に体重を12キロ落とすなどして
自己改善したこと、もし批判されても立ち向かう覚悟であることなど、再起した今だからこそ話せる華原の思いや
仕事、未来に対する情熱を感じることができる。

(以上、livedoorNEWSより引用)

華原朋美さんの壮絶な日々ビックリですね!
薬物っていうから麻薬の方かと思ったら、精神安定剤などのことだったんですね。
ホント?
隣の部屋から悲鳴が聞こえるような閉鎖病棟に入院していたってことは、
そっちの薬物っていう可能性もあるのでは?

頑張って復帰できてホント良かったですね!
これからの活躍期待しています!!