長澤まさみ伊勢谷友介熱愛が報道されましたが、驚いたことにあの報道は
ガセで本命を隠すためのカムフラージュに過ぎない・・・という噂が!?
あるいは、長澤まさみと伊勢谷友介出演のドラマの番宣では?
という声も・・・・

 【中古】アイドルDVD 長澤まさみ/Summer...

 【中古】アイドルDVD 長澤まさみ/Summer…
価格:2,300円(税込、送料別)

伊勢谷友介(36)との熱愛はカムフラージュに過ぎない…。長澤まさみ(25)の周辺で、
そんなウワサが飛び交っている。
つい先日、大々的に報じられたビッグカップルの交際。
4月放送予定の時代劇『女信長』(フジテレビ系)での共演を機に交際がスタートし、関係者が
「互いを尊重し合った真面目なお付き合い」と太鼓判を押していたが、「番組の宣伝だろう」という
冷めた声もあった。
しかし「タダの番宣」以上に、長澤サイドにはある「隠したい出来事」があった…発売中の
「アサヒ芸能」(徳間書店)が、詳細を伝えている。

同誌によれば、長澤は別の本命男性との交際を芸能記者に追われていたという。そのお相手とは、
広末涼子(32)の元夫でモデル兼デザイナーの岡沢高宏(37)だ。
昨年末にその交際情報が浮上し、複数の芸能マスコミが裏取りに動いたようだ。
しかし、結局のところ二人のデート現場などを押さえることはできず、そうこうしているうちに
伊勢谷との熱愛情報がリークされたというわけである。

「岡沢の名前が出る前に、伊勢谷との熱愛説をバーンと出して、うやむやにしようとしたのではないか…
という見方が濃厚です。
というのも、俳優や青年実業家ならまだいいですが、岡沢氏は巷を賑わす半グレ・関東連合とのつながりが
深いとされている人物。
関東連合はこれまではローカルな暴走族集団という扱いで世間で話題になることもほとんどなかったが、
昨年発生した六本木クラブ撲殺事件の容疑者として元関東連合のメンバーが続々逮捕され、一般人にも名を
知られる“なんだかよくわからないけど、コワそうな集団”となった。
すでに解散しているものの、3月7日には警察庁から準暴力団と規定もされた。
その関係者と交際しているとなったら、せっかく長い低迷期を抜けて人気女優の地位を獲得した長澤の
イメージに大きな傷がついてしまう。
スタッフが何としてでも隠したいと考えるのは当然です」(芸能記者)

とはいえ、長澤といえば今も「元カレ」のEXILE・AKIRAの自宅マンションと徒歩数分の距離に住み、
AKIRAの愛犬の散歩にも行くという話もあり、黒い交際説を打ち消すためだけならば“AKIRAと復縁”という
センで一途な女のイメージを打ち出しても良かったはず。
また、この数年ですっかり色っぽくなった長澤の元には、リリー・フランキーや妻夫木聡、売れっ子広告
クリエイターなど数々の男性からのアプローチもあったという。
しかも伊勢谷といえば奇しくも広末涼子の“元カレ”。
彼女が10代の全盛期に惚れこんで交際し、半同棲状態にまで至った相手だ。
これも何かの縁なのだろうか…。あえて伊勢谷との交際を大きく報じさせた狙いは。

「一番はやはり『女信長』の番宣でしょう。
『週刊ポスト』(小学館)では、伊勢谷と長澤はもともと青山にある某クラブの常連で共通の知人も多く、
友人関係にあったので、他の出演者よりも熱愛説を唱えやすかったのではないかとあります。
ドラマ共演をきっかけに急接近したわけではないと思いますよ。
それに他の男性陣は、わりと“ガチで”長澤を狙っていたようですからね…(笑)。
特に妻夫木なんて、大勢での飲み会の後に送りオオカミになろうと下心全開で挑んでいたものの
フラれてしまったとか。
それを今さら熱愛スクープには発展させられませんよね(苦笑)」(前同)

最初はヤラセだと疑われたものの、順調に愛を育み結婚にこぎつけた上戸彩とEXILE・HIROの例もある。
長澤と伊勢谷も、ヤラセの可能性が高いとはいえ、友情から恋に発展していないとは断定できない。

「ドラマ放送後にあっけなく『長澤、スレ違いで伊勢谷と破局』なんて報道が出るんじゃないですか(笑)」(前同)

その時、またも岡沢氏とのカンケイが蒸し返されなければいいのだが。

(以上、livedoorNEWSより引用)

長澤まさみと伊勢谷友介の熱愛報道がガセだったとは!ビックリですね。
しかも、本命との交際を隠すためのカムフラージュだったとは?
その本命というのが、広末の元旦那の岡沢高宏とは?
そして、その岡沢高宏は、準暴力団の指定を受けた関東連合とのつながりが
疑われているので、長澤まさみのスタッフは何としても隠したいですよね!

いやはや、何ともスゴイことになってきましたね。

しかし、長澤まさみはモテモテですね。
たしかに、最近の長澤まさみは路線変更して、急に色っぽくなりましたしね~

さて、今後も目が離せませんね!