AKB48詐欺?こんな新たな詐欺の名称が今ネットで話題になっています。
AKB48を語った詐欺グループが、オタクの家に電話をかけて、
お金を振り込ませるのでしょうか?

気になったので、AKB48詐欺についてちょっと調べてみました。

【送料無料】AKB48 よっしゃぁ〜行くぞぉ〜!i...

【送料無料】AKB48 よっしゃぁ〜行くぞぉ〜!i…
価格:17,010円(税込、送料込)

振り込め詐欺の新名称応募作品の1つに、『AKB詐欺』という名称が紹介され話題となっている。
これを放送したテレビ番組のスタジオは笑いに包まれたが、ネット上ではAKBファンの間で
賛否が入り乱れている状況だ。
なかには「AKBサイドが抗議してもおかしくないレベル」というコメントも見られる。

警視庁が募集している『振り込め詐欺』の新たな名称への応募が1万件を超えたことを、
テレビ番組『情報ライブ ミヤネ屋』が取り上げた。
その際に“「振り込め詐欺」新名称応募作品”として「だましTEL詐欺」、「おサギとピーポ」、
「青いうサギ」などと並んで「AKB(あんた金ぶっこみなよ)詐欺」なる作品が紹介されたのだ。

『振り込め詐欺』新名称応募の件については他局のニュースでも紹介されたが最も多かったのは
「なりすまし詐欺」であり、他には「劇団詐欺」、「オヤ騙し詐欺」、「家族の絆に付け入る詐欺」
などが報道されていた。
しかし『ミヤネ屋』ではより奇抜なものを紹介しようとしたのだろうが、“AKB”というグループ名が
出たことには反響があった。

AKB48ファンの関連サイトでは「AKB(あんた金ぶっこみなよ)詐欺」の応募作品に対して「総選挙のことじゃん」、
「AKB商法にも同じことが言えるな」と共感を示すコメントも見受けられたが、「常識を考えれば、
特定のタレントを皮肉ったこんな単語は紹介しない」、「AKBサイドが抗議してもおかしくないレベル」
と指摘するものも少なくない。

AKB48の選抜総選挙の投票権や握手会の参加券を手に入れるために、1人のファンが大量のCDやDVDを
購入することはこれまでも疑問視されていた。
だが、それを踏まえたとしても“「振り込め詐欺」新名称応募作品”として「AKB(あんた金ぶっこみなよ)詐欺」
が紹介されたことにはファンの多くが違和感を持ったようだ。

(以上、livedoorNEWSより引用)

ミヤネ屋の中で警視庁が募集している『振り込め詐欺』の応募作品の中に
「AKB(あんたかねぶっこみなよ)詐欺」が紹介されたんですね!

確かに1人のファンに大量のCDやDVDを買わせるAKB商法には、首をかしげる人も
多いですよね~!

というか、大量に購入した人ってそのCDやDVDをどうしてるんでしょうね?
ブックオフ行き?

しかし、番組の中で「AKB詐欺」と紹介するのはどーかと思いますけどね!
それは、ファンは怒りますよね。AKBと詐欺をくっつけちゃったら、
イメージ悪すぎ!ホント、抗議して良いレベルかもしれませんね!

番組としては、ネタとして笑いが欲しくてやったのでしょうが、
さらに大きな問題とならないことを祈っています!